2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【伊藤昇】検証・身体操作理論【松本義光】

1 ::2007/03/06(火) 22:28:48 ID:iv2evADw0
身体理論の大家が志半ばにして次々と早世していく昨今、
本来動かないところを無理矢理動かしたら、
身体によくないのではないかと・・・

2 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/06(火) 23:11:34 ID:InFOgHrr0
良く動かなくなっているところに本来の動きをさせるものでしょ。

3 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/06(火) 23:15:06 ID:zlc4/YCF0
>>1
>身体理論の大家が志半ばにして次々と早世していく昨今
松本義光も死んだの?

4 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 17:07:54 ID:RZQmsNOb0
松本義光ってアイアンマンに連載してた人?
あの人の書いてることってほとんど誰かのパクりと焼き直しじゃね?
練気柔真法、胴体力、高岡理論、甲野…。
どこにオリジナリティがあるんだ?とずっと疑問だった。

5 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 17:13:04 ID:f7dxa6g+O
オイチャン それを往っちゃぁおしめぇよぉ

6 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 22:09:07 ID:f7dxa6g+O
松本義光先生は3月5日 天寿を全うされ永眠されました… とても残念ですね ご冥福を心から願います 合掌

7 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 09:33:01 ID:m/9c4CDd0
ブログを見た。
異常な回数の更新が少し怖かった。
暇だったのか…?

8 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 10:32:36 ID:f3gNh+LF0
パクりのみでDVDまで出したから、罰が当たったんじゃね?

9 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/10(土) 01:59:52 ID:Ep2QmWf10
この人は何がしたかったんだろうね〜?
他人からパクりまくったメソッドを雑誌に連載したりDVD出したり…。
オリジナリティの欠片も見当たらない。
パクりってわかっててやってたのか、誇大妄想気味だったのか?よくわからんな。
結局書籍は出版できなかったな。
高岡のようになりたかったんだろうか?

10 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 03:50:51 ID:domejBFy0
もし真実が1つだけなら、1人で全部を新理論で発表することは無理。
パクリでおk。
それぞれをまとめて体系化したかったんじゃない?

11 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 20:24:06 ID:nLJIan3E0
ブログの写真みると痛々しいよな。
げっそり痩せこけて・・・

12 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 20:51:12 ID:fk1/fSFk0
ん〜。
参考文献や出典を示すのが正当なやり方でしょ。
何の断りもなく、さも自分が発案したかのように論じたり述べたりするのは、
人格と見識を疑われるよ。

13 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 21:27:01 ID:LhheisycO
男性ホルモンの多い人は運動能力が発達する
しかし男性ホルモンには免疫力を低下させる働きがあるので病気で死にやすくなる
また優れた筋肉を作る遺伝子と筋肉系の奇病を発症させる遺伝子は同じだということも最近分かってきた
得るものがあれば失うものもあるということだ

14 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/17(土) 18:32:10 ID:O83ibF6S0
本は出るの?

15 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/17(土) 18:37:16 ID:G0KrZK6C0
松本のDVDのケースを見たら“細分化”とか書いてあったが、これは伊藤の言葉だよな。

16 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/17(土) 18:43:56 ID:/xtuLDUR0
早死に恐い

17 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/17(土) 19:39:07 ID:O83ibF6S0
>>15
伊藤昇・高岡英夫・甲野善紀・島田明徳等のパクり。
全部パクり。
恥知らずな糞野郎。早死にもするわ。

18 ::2007/03/17(土) 23:15:44 ID:FUH0ufvg0
身体操作が開発されるのと、癌の発症率は相関関係があるのか?

19 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/17(土) 23:18:41 ID:OjRjs5Sn0
3大ボディワークの創始者(アレクサンダー、アイダロルフ、フェルデンクライス)はみんな長寿をまっとうしてるよ

20 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/17(土) 23:59:45 ID:OjRjs5Sn0
松本さんも伊藤さんも早逝で、肝臓やられてたのと、癌だったって共通点があることが気にかかるね

21 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/18(日) 00:04:12 ID:fg6dynQW0
松本としては、達人と称される伊藤氏と同じような死に方でパクリ人生の本望じゃね?

22 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/18(日) 00:22:47 ID:vQq7HakT0
肝臓を活性化すると、身体能力が向上するのか?
急激な能力アップが肝臓を壊すのだろうか?

23 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/18(日) 00:35:16 ID:vQq7HakT0
胴体力にしても、松本メソッドにしても、やってみると微妙に躁状態になる。
交感神経がフル稼働の状態ってのは、体全体が活動している状態。
夜にメソッドなんかをやると、すぐに寝ても体が本当に休んだ状態ではないから、肝臓にめちゃくちゃ負担がかかると思う。

24 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/18(日) 13:00:07 ID:vQq7HakT0
壮絶だが、肉体的に若かったことと中途半端な自己診断をしたことが寿命を縮めた。
「どこかおかしいと感じたら、すぐに医者に行け」という貴重な教訓を残してくれた。
http://motion.exblog.jp/

昨年11月27日に、医師から「余命二ヶ月。悪くすると年内も危ない」との宣告を受けました。
病名は、「転移性肝腫瘍、原発は大腸癌、リンパ節腫瘍、そして胃にも腫瘍の疑いありとのことです。
治療はほぼ無きに等しく、身体が生きるのにやっとで、眠る体力さえ乏しいというくらいに低下しきっている体力を回復させ、
「少しでも身体を楽にしていこうよ」との医師の言葉でした。
自覚症状としては、二ヶ月以上前からわかっていましたから、診断の内容には驚きませんでした。
九月末位に鳩尾の下に1センチくらいの塊ができ、
それから一週間ほどで、現在の大きさ、肝臓にできた1平方cmほどの腫瘍は50平方cmほどに広がっていましたし、
胃の圧迫感、食事の困難化、体力の減衰、体重の下降、体重はしまいには70s以上あったものが、
48sにまで落ちていきました。
肝臓も大腸もサイレントの器官であり痛みはないのですが、
肝臓の肥大によって胃が圧迫され、固形物は全く通らない状態で、自家製の生ジュースしか飲めず、
そのジュースでも胃を通り抜けていく時と、小腸を通り抜けていく時には激痛が発生し、
全身の筋肉痛と40度を超える発熱が週に三日ほど続くというサイクルを毎週繰り返していました。
時に訪れる筋肉の麻痺は、呼吸を困難にすることも度々あり、一度は呼吸筋が完全に麻痺してしまい二分以上も呼吸が止まってしまい、
「このまま死んでいくんだな」と完全に覚悟した事もありました。
こうしたことは、最初癌を自覚したときからこうなっていくのであろうという予測はついていましたし、
医師にかかっても治らないであろうから、自己治癒させていくしかない、と覚悟していました。

25 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/18(日) 13:02:30 ID:vQq7HakT0
勿論、希望的観測などというものではなく、死ぬ事の覚悟もできていましたし、そのときの準備もしていきました。
しかし、一方では確実に治していける、という感覚も同時にあり、その方法も大体の組み立てはできていました。
ただ、そのどちらにも思いを捉われてはいけないんですね。
勝ち負けに思いを捉われると、心が居つき、ベストのパフォーマンスが発揮できないのと同様に、
絶対に生きたい、癌を克服する、癌に勝つなどの思いに捉われすぎると、
そこに欲望に捉われた自我が顕れ、心意による因果の解消ができなくなってしまうのですね。
だから、やることはそのときに最も適している事を最も透明な形で実行する事だけ。
後は見えない理が適切な答えを導き出してくれるようです。
自己治癒させていくための具体的方法にはまだ着手していません。
今はまだ準備の期間です。
鎮痛剤も解熱剤も一切使わず、ここまでの日にちを引っ張ってきたのかというと、
今回の癌の発症のテーマに、自分の「いのち」というものをとことん見極めるということと、
もうひとつ癌による恐怖、苦しさを最終の段階までコントロールでき、そのための具体的方法はどうしたらいいのか、
また、七転八倒する猛烈な痛みの際にどういうことを思い、どのようにその思いから脱出していくのかを自身の身体と心とで体感していく事が必要だと感じたからです。
余命宣告され、細胞が生きるためのぎりぎりの段階まで体力が低下し、車椅子が必要なほど衰弱した身体でいったい何ができるのか。
そして何を行い、どう思いを切り替えていけば、異常細胞と化した癌細胞を縮小させ、正常細胞の再活性を実現し、治癒に導いていけるのか。
こうしたことを克明に伝えていく事が、この癌のテーマだと思えたのです。

26 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/18(日) 13:10:01 ID:vQq7HakT0
元々は大腸癌・・・
急激な身体開発は大腸に負担がかかるのか?

27 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/21(水) 17:19:48 ID:mUp6zyfh0
伊藤さんもガンでなくなったの?

28 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/21(水) 22:56:47 ID:lvWy99hk0
癌です

29 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/22(木) 11:25:50 ID:nAd7/XQGO
夕方以降に長期に体を動かすと自律神経が乱れます。だから仕事や学業してる人はあまりやらないこと。にくさけたばこおんなとかを節制すると逆にストレスが溜まる。

30 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/22(木) 22:47:03 ID:6HV538s10
>19
そうだよね。
内容かなりかぶるしね。

31 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/23(金) 11:01:07 ID:/0VY2AR00
松本は詳しくは知らんけど、伊藤昇は相当天才的だった見たいじゃん?
伊藤昇の場合天才は短命ってことか?松本は知らん…

32 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/23(金) 11:07:57 ID:/0VY2AR00
後 野口整体の創始者も短命だったな。人の病気とかに関わっている人だと短命のような
印象を漠然ともっているが。 あえて非科学的な気という言葉を使うけど病気の気をすいとっちゃったのかもな
これはもしかしたら松本、伊藤昇 、野口整体に共通かも

33 :(^○^) ◆KYAHA/emlo :2007/03/23(金) 11:18:15 ID:tjsF0R6d0
>>13

(^。^)wwwwwww〜プッ  〜♪ 

無教養丸出しのバカがウソを言っております。(嘲笑)

(^○^)キャハハハハハハ 〜♪  

34 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/23(金) 11:23:15 ID:M1vNrbvA0
病人の氣を吸い取ったから早死にした?
医者やヒーラーが皆、早死にだとは限らん。
日比野医師は長生きしてるだろ。
野口師は単に病の形をとった「寿命」だ。

若い頃メチャメチャ身体を酷使させると早死にする?
きんさんぎんさんなんて、若い頃は質素な食事で朝から晩まで
働き詰めだったろ。
若木竹丸師や中村日出夫師は長生きだろ。
単に「寿命」だ。


35 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/23(金) 13:08:23 ID:/0VY2AR00
佐川幸義も相当鍛錬したみたいだけど長生きだしな。
でも、ただの寿命かも知れんけど身体操作に関わっていた人間がバタバタ癌で倒れていくと
心配にもなるわな  しかし野口師も寿命だとするとやっぱ天才は短命なのかね。


10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)