2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【口は災いの元】構造からの崩壊【鍛錬以前】

1 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/19(金) 21:53:55 ID:sKu2vF6o0
体を構造から破壊しつつ鍛錬を叫ぶのは空しいぞ

ttp://www.gakukansetsu.com/index.html
ttp://www.gvbdo.com/index_hikikomori.html ←賛否両論
ttp://www.nishihara-world.jp/workshop/baby/soudan.htm ←賛否両論
ttp://makimo.to/2ch/life2_baby/1068/1068050522.html
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1165848520/l50
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/hikky/1155506332/l50

口は災いの元という。顎と身体構造の関係が指摘されつつある。
それはそれとしてだ。日本古来の母乳だけ長期子育てを、
米を食べたら馬鹿になる程度の理屈で、戦後の勢いに任せて叩き潰したのなら、
それを見直す価値はあるのじゃないか。つまりだ、
子育てが悪いから もう一度おっぱいからやり直せってことよ。
西原説が100%正しいとか日本古来の育児が100%正しいとかではない、
諸説を含めて育児の基本をわが国なりに見直せということだ。口と顎は、
食事とコミュニケーションの土台だ。若者が首から上に慢性疾患を
抱える可能性を増やすのは避けるべきだ。
なお、離乳に対する政府の見解に変更の機運がある。
世界標準を考慮に入れるそうだ。今よりマシな見解かもしれん。
ttp://www.asahi.com/special/obstetrician/TKY200610110617.html
もともとの見解もアメリカの「古い見解」を直輸入し
それをベースにしたコピペ改竄に過ぎない。


2 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/19(金) 21:55:05 ID:sKu2vF6o0
強い顎の持ち主だと、多少強引な治療をされても害は少ない。
宮本武蔵も強い顎の重要性を説いていた。
イチローは親知らずまで噛めている。

教育とキシリトールの国フィンランドではかつて子供に歯科治療しまくって
虫歯再発、新発生で子供のIQががた落ちした。
キシリトールは反省の産物の一つ。

世界的にも子育ては母乳中心が推奨されつつある。
母乳オンリーは6ヶ月まで。母乳は離乳食と組み合わせで
2歳半ぐらいまで。アメリカはそういう子育てだが、
歯列矯正のメッカである。
長期母乳オンリーが健康的で最先端な可能性はある。

基本がどう落ち着くにせよ子供によって柔軟な対応は必要だろう。


3 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/19(金) 21:59:06 ID:sKu2vF6o0
顎が小さくて不正歯列なら問題が発生するというわけではないが、
問題発生の可能性は高まるだろう。

顎の強い世代とは子育ても食習慣も変わっていることは
押さえておいたほうがいいかと思う。
先進国の中でも日本は歯に無頓着、歯科治療のレベルも低いことで有名だ。
顎が強いからこそ無頓着でいられた部分もあるだろう。
無頓着だけが伝わって、顎は弱いというところに危険性がある。
現代の若者は、昔の食習慣で充分顎を鍛えられているわけではないのだ。
強引な治療と弱い顎という危険なコンボもありえる。

ローマには奴隷を買うときには歯を見ろという言葉があった。
徴農だ徴兵だしゃきっとせいというならば、
鍛錬に耐えうる体を支える伝統が、保障されるべきだ。
それを破壊するビジネスが保障されるだけでは説得力がない。
鍛えようがないということは、鍛えられていないということよりもよりいっそう
深刻な問題なのだ。雑草を引っこ抜くだけではなく地面に着目しなければならない。




4 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/19(金) 22:07:31 ID:sKu2vF6o0
将来という発想があるなら。
少なくなる若者の顎が弱体化縮小化するのは歓迎できないであろう。
顎の弱体化縮小化ということになると、
単なる虫歯や低レベルな歯科治療の問題ではすまない。

だが予備知識として、歯科医院は全国に7万件ぐらい、
保険治療の報酬は世界水準の10分の一よりも低い。
歯医者は私大出が9割。授業料は3千万から4千万。
英数理偏差値40程度でも受かる歯学部もある。
滑り止め大歓迎。国家試験の問題の流出が時々発覚している。
ということを弁えておこう。歯科医師過剰と治療費の削減を受け
改革の気運もあるが先行き不明瞭。
【今こそ】2ちゃん発歯科医療制度改善スレ15【団結】
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1168908381/l50
ttp://www.minnanoshika.net/


5 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/19(金) 22:11:55 ID:sKu2vF6o0
虫歯も歯周病も減ってはいる。おかげで歯医者があぶれる側面もある。
一度でも治療を受けてしまったものと無傷のものの格差は広がっている。
永久に持つ詰め物は希少だ。下手糞に治療されたり管理が悪ければ長持ちしない。
しかも歯医者はあぶれている。安心してかかりつけをもてるかどうかも危うい。

しかし忘れてはならない。話が顎の弱体化縮小化ということになると、
虫歯のあるなし歯周病のある無しを超えている。その治療に当たるのは
あふれた歯科医だったりする。代替医療でしのぐ人もいる。

顎の縮小化弱体化は母乳のみならず、軟食、クイックフードも関わっているであろう。
また、親が歯科治療などで固いものが食べられない場合、まさしく軟食な食卓で
子供は育つわけだ。低レベルな歯科治療も顎の縮小化弱体化の原因でありうる。

ローマの詩人はかつてこういった
祖父母より劣れる父母 更に劣れる我らを産めり
我ら遠からずして より劣悪なる子をもうけん

顎の縮小化は歯の減少よりも早く進行する。
医学においてもいまいち扱いの軽い歯や顎であるが、
無気力な若者が発生する原因の一つとして
武道に携わる方々に留意していただきたい。

6 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/19(金) 22:14:51 ID:sKu2vF6o0
顎や歯からの不調は緊急性が高いというよりも、
慢性的で、楽しい出来事も苦しい出来事も、不快や苦痛というフィルターを通して
味わうような感じ。死ぬ死ぬー!というよりもゾンビやキョンシー。
集中力も記憶力も落ちて、将来という発想すら抜け落ちるかも。
首から上に不快を常時もしくは頻繁に抱えていると、コミュニケーション自体が不快になります。
神経ブロックや代替医療、精神安定剤でしのぐ人もいます。治すか治めていくかそれも問題です。

例えば顎関節症と呼ばれるものは、バキバキ音が鳴って口が開きにくくなったり
噛むたびに痛くなったりしますが、もしかしてと思った方も対策は熟慮しましょう。
歯科界はなかなかに諸子百家百鬼夜行状態です。それぞれによって原因が違いますから、
まずは、そこをきちんと押さえたほうが良いでしょう。
音が出るだけで悪化の兆しがないなら様子を見るのもありかもしれません。
音が出るだけで悪化しない人もいます。治療法が確立されているとは言いがたいので、
軽症のものを重症扱いしないことが肝要です。

突発性ー外傷などによるもの
医源性ー不適な歯科治療、あわない詰め物、矯正失敗等
習慣性ー片噛み、うつ伏せ寝、軟食等
先天性ー過剰歯、不正歯列、育児や遺伝等による顎の未発達

突発性のものが習慣化したり、先天性に医源性が付け加わったりして、
主原因はあるにしても、それぞれの人において様々な割合で複雑に絡まっているかもしれません。

将来という考えを尊重して強い顎を推奨します。


7 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 10:14:16 ID:ghxA2FQS0
一回だけ挙げます。

8 :セクハラ体育教師 ▼BwDo3jtHrE :2007/02/02(金) 02:32:55 ID:Mv0jhdXP0
(;´Д`)ハァハァ

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)